第54回日本SF大会 米魂(こめこん)[2015年8月29日(土)~30日(日)開催地:鳥取県米子市]

イラスト:小村博明

ゲストについて

ゲストについてのQ&Aです。

質問: ゲストとは?
答え

第52回日本SF大会では、大会に協力していただける作家・漫画家・映画監督・研究者等のプロフェッショナルの方をゲストとして招待いたします。

原則として出演料はお支払いできませんが、大会の参加費を無料といたします。
交通費・宿泊費等はご負担ください

一般参加者と同様の事前送付物・当日配布物をお渡しいたします。
一般参加者と同様に星雲賞の投票が可能です。

グリーンルーム(出演者控室)をご使用になれます。

ご家族・出版社担当者・秘書・マネージャ等の方をご同伴者とすることが可能です。
ご同伴者の方には、当日の名札のみお渡しいたします。

質問: ○○さんを呼んで欲しいのですが
答え

一番簡単な方法は、その方が出演されるプログラムを企画することです。

スタッフとしてプログラムを企画される場合には、実行委員会のゲスト担当と連携しつつご自分で出演交渉をしていただきます。
スタッフとならずにプログラムを企画される場合には、個人で交渉いただく方法と、実行委員会で交渉する方法の二種類があります。
細かい条件は場合によって異なりますので、実行委員会にご相談ください。

質問: 私はSF作家ですが、ゲストになりますか
答え

プログラムへの出演・プログラムの企画・発行物への寄稿・サイン会やパーティでのファンとの交流など、何かひとつでよいので大会に対してご協力ください。ゲストとしてご招待します。

質問: 私は鳥取出身のゲームシナリオライターですが、ゲストになりますか
答え

ゲームに関連するプログラムに出演される場合はゲストとしてご招待します。
ご自身でゲームに関連するプログラムを企画される場合にもゲストとしてご招待できる場合がございますので、ご相談ください。

鳥取在住や出身の方は、他の方より優先的にお呼びしたいと考えています。

質問: 私は独立行政法人の研究者ですが、ゲストになりますか
答え

ご自身の研究分野に関するプログラムに出演される場合はゲストとしてご招待します。
ご自身でプログラムを企画される場合にもゲストとしてご招待できる場合がございますので、ご相談ください。